牧戸太郎Blog イメージ画像

音楽のこと

とボヤく歳でもないんだが、思わずにいられないことがある。 とにかく転調が多い。サビで転調しない曲は少ないんじゃないかってぐらいお決まりのように転調する。 しかもオーソドックス(?)な短三度転調ではなくて、脈絡のないキーとか、半音下とか。 はじめにいっ

東宝ミュージカル「ミー&マイガール」をみてきた。 帝国劇場は、日本最古の劇場。 渋谷品川みたいな未来都市じゃなく、日比谷、丸の内、銀座は、親の世代の人などから話を聞いている、古きよき昭和の東京の面影がある。 ソロ、アンサンブル、オケ、文句なし! こ

幼少の頃、1日で脱落した音楽教室から始まり、以後、楽器やCD買ったり修理してもらったり、何かと世話になった、松阪日野町の村林楽器店が閉店だとか…。 不況の波をまともに受け、三重中京大、短大も廃校。 本当に、残念でなりません。 ああ、●●さんや●●さんは、何処

10月11日、中部フィルハーモニー交響楽団演奏会を聴きに地元松阪へ。 松阪では、クラシックオーケストラによる演奏会が11年ぶりとなる。 本プロは ベートーヴェン エグモント序曲 ベートーヴェン 第5番 「運命」 グリーク ピアノ協奏曲 指揮 古谷誠一 こ

なんとなく敬遠してたジャンルだが、最近仕事関係の人にオルガンのコンサートの魅力を教えられ、興味を持って探してみたところ、ふらっと行ける池袋で、S席2000円という好条件。 これが、えらい面白かったのだ。 演奏は、ミシェル・ブヴァール C.ジェルヴェーズ
『芸劇のオルガン』の画像

↑このページのトップヘ